毛深いと諦めるな!脱毛があるぞ!

毛深い人も諦めてはいけません!脱毛があります!

私寂しがりやなんですよね。

昔は一人でも全然平気なタイプだったのにどうしちゃったんだろうって思います。
やっぱり結婚して子どもがいるからこのにぎやかな生活に慣れてしまったのかな。

主人の帰りが毎日遅いので、寂しいなあって思ってたのですが最近は長女がしっかりしてきて、話し相手になってくれるからうれしいです。
何か話をしていても会話がしっかりと成り立つし、たまにむかつくこと言いますけど女の子なので、おしゃれ話にも花が咲くし。
お手伝いもしてくれるし楽しいです。

他のママさんたちと話していると、休日になると夫がいてイライラするって言いますがうちは休日が待ち遠しくてしかたないです。
家事に関してもかなり甘えてしまっているから、ラクということもありますが精神的に落ち着きます。
実家の母は「亭主元気で留守がいい」っていうタイプだったので、家庭それぞれいろいろあるのでしょうけどね。

家族が仲がいいことはいいことだと思うので、きっと幸せな方なんでしょうね。

旦那の髭は、カミソリで剃る、また電動髭剃りで剃った後でもすぐにはえて来て困るというほどでした。そのために旦那も昔から髭の手入れには悩んできたのですね。毎日の髭剃りは欠かせませんし、その一回の髭剃りも結構時間がかかっていたのです。そのためにある時、自分で毛抜きで抜いてみようということになりました。

男性のひげって抜きやすいですね。太いですし、掴みやすい、そのために髭を簡単に抜くことが出来ました。しかし困ったのは、その髭の数が多いことです。とても一回で抜くことはできません。そのために部分的なパーツに分けて髭を処理することになったのです。

でも初めて見ると全く髭のない部分とある部分がはっきりしていまい、ちょっと変でした。本当は、パーツ別に分けず、密集しているところ全体から間引きするような形で抜くと、髭の全くない部分というのが出来なくてよかったのかもしれません。しかしはじめに、その部分だけを全部抜いてしまったので、明らかな差が出てしまいました。これが髭が気になって抜いたときの失敗談です。この状態をキレイにするには髭脱毛サロン 仙台しかない気がします。

メンズファッションのみならず、ファッションの流行はやはり海外に学んだ方がいいのだろうか?
でも日本人と外人とでは身長や腕の長さ足の長さが違うので・・・・同じ服装してもビミョーな時って残念だけど多いよね。

どうやら最近シンプルをカッコよく着こなすのがオシャレみたい。でもわかる。私も結構シンプル好きなんです。
やりすぎファッションには抵抗があるんだよね。なんでも飾り付ければいいってもんじゃないしね。
シンプルなのに・・・素敵にカッコよく着こなせることこそ・・・オシャレだよね。

特にカッコいい人って飾らなくてもかっこいいのでそれが可能だ(笑)雰囲気も素敵だしね。

ベッカムなんて・・・Tシャツにデニムってだけでかなりかっこいい。何を着ても決まる。こんな人になりたい・・・・というよりは、こんな彼氏や旦那が欲しいと思ってしまういけない私。

こんな素敵なルックスの人なんて基本いないし、無理だし。ベッカムなどの海外ファッションを勉強して、彼氏や旦那を変身させちゃいましょう。

メンズファッションの通販を利用するとリーズナブルにかっこよく変身させれちゃうからいいですよ。

結婚しても仕事を続けることは簡単ですが妊娠するとなると仕事を続けるのは難しくなってきます。
私の場合は恵まれていたのか、会社に産休制度があったので利用させてもらいました。

社内の女性社員はみんな産休を使ってまた復帰している方がほとんどだったので安心して利用できました。
しかし、友人の話を聞いていると、そういう制度はあるものの、暗黙の了解でだれも使ったことがないから、妊娠すると仕事を辞めなければいけないという会社もあるようです。

会社としても、産休というのはリスクがあるというのは重々承知しています。

でも優秀な社員だとしたら、本人い復帰の意思があるのなら、そのまま辞められるのはもったいなくないですか。

代わりの人がとっても優秀な人かもしれないけれど、やはりイチから仕事を覚えさせるのは周りも大変です。

穴埋めに入れた人が復帰後辞めなければいけないというのもリスクがありますがそういう考えの会社では、女性は安心して子供が産めないですよね。

女性に優しい会社が今後の生き残りじゃないのかなあ。それにしても、産休制度がない会社もまだあるのだとか。なんだか悲しいですね。

昨日友達の結婚式に行ってきた。

中学校時代の同級生の結婚式。
自分の知る限りでは人生2人目の彼女が結婚相手ではないだろうか。

生真面目というのかクソ真面目というのか。
お酒を飲んで羽目を外したりすることはあるのだが対女性となるとお堅い奴だった。

そんなこんなで40も過ぎての初婚。
まあ相手も同い年で初婚ってことだから出会ってからとんとん拍子に話が進んだようで早かったかな。

年齢のこともあるから奥さんはすでに身ごもっているということ。
しかし自分がら見ると友人のお父ちゃんとしての姿が全然浮かんでこない。

っていうか彼女といるってこと自体が浮かんでこないので不思議な感じだ。

根がやさしい奴だから大げんかするなんてことはないだろうからうまくやっていくんだろう。
自分としては唯一と言っていいくらいの仲のいい友達だけに相手が見つかってくれたのはうれしい反面遊び相手がいなくなった感じで寂しい。とははいえもういい大人だからね。
実を固めるのには遅い年齢だから親も安心しただろう。
末永く幸せに暮らしてほしいもんだ。