毛深いと諦めるな!脱毛があるぞ!

毛深い人も諦めてはいけません!脱毛があります!

30代の私世代が初めて出会ったときはかなりの衝撃だった除毛パッドもすでにお馴染みのアイテムですね。
除毛パッドを懐かしむ
私たちの頃は女子はみんな高校生くらいになると手足のムダ毛処理がすごく気になり始めました。でも今はもう中学生や小学生でも気にし始めるし、男子もムダ毛処理を意識する時代なのですね。

女子高生だった私たちの周囲で一世を風靡したのが除毛パッドでした。気にし始めた頃はフツウにお風呂に入ったときにT字カミソリで処理するしかないという頭があったし、除毛クリームなんかも待たなきゃいけないし、洗い流さなきゃいけない。

そんな時に出会ったのが除毛パッドだったわけです。一番の魅力は何か他の事をしながらスリスリするだけでムダ毛が消えていくということでした。それこそテレビを見ながらとか、友達と話をしながらとか、電話をしながら(当時は当然家電での長電話でしたが)気軽に気になるところの産毛の処理ができるのでありがたいにつきるのです。今ではもう当たり前に手に入るカミソリとも同じくらいにメジャーなアイテムな印象を受けますが、当時の私たちには画期的でした。
今は銀座カラーが安いから、女子高生とかでもかなり通っている人が多いみたいですけどね。

ただ、やはりサロンで脱毛してもらうということに抵抗がある人はそれなりに今でもいますから、そういう人はエピナードなどを購入しているようです。

ファンデーションやパウダーのパフみたいな感覚で、手にスポッとはめて使うタイプだったのですが、汚れたら洗ってまた使えるし、カミソリみたいに扱いに気を付けなくても危なくなかったのでそれはもう大人気でした。

今や100均にも置いていますが、当時はソニプラなんかの雑貨屋さんで500~1000円位だったと記憶しています。今思えば摩擦で擦り落とすわけですからカミソリと同じ程度に肌は荒れるし、深くは剃れないので毛が目だってくるまでのスパンも短いのですが、当時の女子にはとても画期的で使いやすいアイテムだったのです。

といっても使う場所は腕や足の産毛が主でした。当然ですが濃くて太い毛には対応してくれません。今ネット検索で脱毛パッドを検索すると、圧倒的に出てくるのがスムースアウェイですね。まさに同じような感じのものでした。

除毛パッドは使用後に肌がスベスベになるとありますが、毛と角質を摩擦で擦り落として滑らかな状態の肌表面になるのですからあたりまえですね。当時は何も考えずに相乗効果だわとか思ってましたが、いや、ただの物理的効果ですから…的な。

除毛パッド自体が、乾いた状態での使用と使用後に肌のお手入れをすすめているのだから現実的に考えればすぐにわかることなのですが、

このスムースアウェイは一昔前に行列のできる法律相談所のスピンオフ番組で紹介されてかなりメジャーなアイテムになったみたいですね。脱毛 口コミを見ていると賛否両論ありますが、除毛クリームの匂いがするなんて話も見ますので、もしかしてそういう効果を狙った何かが塗ってあったりもするのかなとも思いますがどうなのでしょう。

永久脱毛する時に、気になる事と言えば料金や評判も気になりますが、気になる事の1つに『痛み』のレベルがあると思います。

痛みと一言で言ってみても、痛みの感じ方にも個人差があって、ちょっとした痛みでもすごく痛がる人がいれば、かなり痛いはずのに辛抱強い人もいます。。

そう考えると、『痛み』についての、口コミの評価はどんなものなのだろうと、疑問に思う事もあります。

実際、私が以前、友達と一緒にワキの永久脱毛に行っていた時の話ですが、私は『思っていたよりは、痛くないな~』と感じていましたが、友達はあまりに痛いので止めようかと考えていたみたいです・・・

私たちが脱毛していた頃は、レーザー脱毛が主流で、今はレーザーより進化したフラッシュ脱毛っていうのがありますが、それはレーザーより痛みが少ないんですよね!?
【参】エタラビ 口コミ

その当時はフラッシュがまだ無かったのか、あったけど私たちが知らなかっただけなのかは分かりませんが、フラッシュが登場した今では、もう『痛み』を気にして脱毛する人は、あまりいないのかもしれませんね。

フラッシュ脱毛なら、ケノンとか家庭用脱毛器でも実はあるんですよね。ホント便利な世の中になったものだと痛感しますね。

脱毛界も、日々向上しているのですね~・・・と思う半面、そう考えると今もあると思いますが、初期の頃の針で焼く脱毛って痛そうですよね(恐)!!

女子会・女子力ときて、最近聞いた言葉で「女子旅」というものを旅行代理店が推しているようです。でもまあ、女子旅という言葉以前に、旅行と言えば女友達と一緒に行くことが多かった。
ただ、女子ならではのプランはそこには入っていない。

今回、女子旅の特徴として、エステやスイーツなどが含まれてくるだって。エステとか気の合う友達と行くのっていいよねぇ。

海外のリゾート地でエステもいいけれど、女子旅なら国内にして運賃コストを下げてその分、少しランクの高いホテルを選んで、エステや食事にお金をかけるのもいいよねぇ。

自宅近くでエステに行く時はどうしても痩せたいから痩身エステとかツルスベ肌にしたいから背中脱毛っていう風に結果を求める趣になってしまって気持ちの面で落ち着ききれませんからね。

旅行でエステの時は、しっかりと癒しだけを求めたいものです。

海外と同じリゾート気分を味わえるもんね。 あ~!私がもう少し(もっと?)若かったらなぁ!友達の女子旅に行って、温泉に入って、おいしいご飯食べて、まったりエステを受けて、その後部屋で女子会を始めて、非日常を満喫するのになぁ!

OL時代の旅は、「食」に重点を置く旅しかしてなかったけれど、これからエステとかスイーツとか女子力UPできる旅もしたいなぁ。

エステを受けている間は、子供はパパに任せてさっ!パパに文句言われちゃうかな?

私も息子達の将来を気にして英語を学ばせています。周りから「早すぎる」「日本語もまだなのに」と批判もあったけれど、日本語も英語も学ぶというより自然に話せるようにしてほしかったから始めましたよ。

でも、息子も英語を勉強して3年以上が経ってきました。親が期待するほど英語を話せるようになってきたとは思えませんが、英語自体はとても楽しくて英語教室も楽しく通っているので、親としては納得しています。

でも、これから、どんどん英語を学んでいけば私が知らない英語を話すようになってくるんだろうなぁ。私は、中学生の頃、英語はとても苦手で英語にはとても苦労しました。

子供は英語を学んでいるけれど、親は話せないんですよねぇ。私も一緒に英語を勉強いたいなぁ。ただ、子供と違って基礎はあるので大人の英会話教室がいいなぁ。でも、やっぱり費用が心配だから、取っ掛かりとして自宅で学べる人気のトイック 参考書から始めるのがいいよね。自宅で空いた時間でできるから。

私寂しがりやなんですよね。

昔は一人でも全然平気なタイプだったのにどうしちゃったんだろうって思います。
やっぱり結婚して子どもがいるからこのにぎやかな生活に慣れてしまったのかな。

主人の帰りが毎日遅いので、寂しいなあって思ってたのですが最近は長女がしっかりしてきて、話し相手になってくれるからうれしいです。
何か話をしていても会話がしっかりと成り立つし、たまにむかつくこと言いますけど女の子なので、おしゃれ話にも花が咲くし。
お手伝いもしてくれるし楽しいです。

他のママさんたちと話していると、休日になると夫がいてイライラするって言いますがうちは休日が待ち遠しくてしかたないです。
家事に関してもかなり甘えてしまっているから、ラクということもありますが精神的に落ち着きます。
実家の母は「亭主元気で留守がいい」っていうタイプだったので、家庭それぞれいろいろあるのでしょうけどね。

家族が仲がいいことはいいことだと思うので、きっと幸せな方なんでしょうね。

メンズファッションのみならず、ファッションの流行はやはり海外に学んだ方がいいのだろうか?
でも日本人と外人とでは身長や腕の長さ足の長さが違うので・・・・同じ服装してもビミョーな時って残念だけど多いよね。

どうやら最近シンプルをカッコよく着こなすのがオシャレみたい。でもわかる。私も結構シンプル好きなんです。
やりすぎファッションには抵抗があるんだよね。なんでも飾り付ければいいってもんじゃないしね。
シンプルなのに・・・素敵にカッコよく着こなせることこそ・・・オシャレだよね。

特にカッコいい人って飾らなくてもかっこいいのでそれが可能だ(笑)雰囲気も素敵だしね。

ベッカムなんて・・・Tシャツにデニムってだけでかなりかっこいい。何を着ても決まる。こんな人になりたい・・・・というよりは、こんな彼氏や旦那が欲しいと思ってしまういけない私。

こんな素敵なルックスの人なんて基本いないし、無理だし。ベッカムなどの海外ファッションを勉強して、彼氏や旦那を変身させちゃいましょう。

メンズファッションの通販を利用するとリーズナブルにかっこよく変身させれちゃうからいいですよ。

結婚しても仕事を続けることは簡単ですが妊娠するとなると仕事を続けるのは難しくなってきます。
私の場合は恵まれていたのか、会社に産休制度があったので利用させてもらいました。

社内の女性社員はみんな産休を使ってまた復帰している方がほとんどだったので安心して利用できました。
しかし、友人の話を聞いていると、そういう制度はあるものの、暗黙の了解でだれも使ったことがないから、妊娠すると仕事を辞めなければいけないという会社もあるようです。

会社としても、産休というのはリスクがあるというのは重々承知しています。

でも優秀な社員だとしたら、本人い復帰の意思があるのなら、そのまま辞められるのはもったいなくないですか。

代わりの人がとっても優秀な人かもしれないけれど、やはりイチから仕事を覚えさせるのは周りも大変です。

穴埋めに入れた人が復帰後辞めなければいけないというのもリスクがありますがそういう考えの会社では、女性は安心して子供が産めないですよね。

女性に優しい会社が今後の生き残りじゃないのかなあ。それにしても、産休制度がない会社もまだあるのだとか。なんだか悲しいですね。

昨日友達の結婚式に行ってきた。

中学校時代の同級生の結婚式。
自分の知る限りでは人生2人目の彼女が結婚相手ではないだろうか。

生真面目というのかクソ真面目というのか。
お酒を飲んで羽目を外したりすることはあるのだが対女性となるとお堅い奴だった。

そんなこんなで40も過ぎての初婚。
まあ相手も同い年で初婚ってことだから出会ってからとんとん拍子に話が進んだようで早かったかな。

年齢のこともあるから奥さんはすでに身ごもっているということ。
しかし自分がら見ると友人のお父ちゃんとしての姿が全然浮かんでこない。

っていうか彼女といるってこと自体が浮かんでこないので不思議な感じだ。

根がやさしい奴だから大げんかするなんてことはないだろうからうまくやっていくんだろう。
自分としては唯一と言っていいくらいの仲のいい友達だけに相手が見つかってくれたのはうれしい反面遊び相手がいなくなった感じで寂しい。とははいえもういい大人だからね。
実を固めるのには遅い年齢だから親も安心しただろう。
末永く幸せに暮らしてほしいもんだ。